悪あがきオンナのつれづれ(仮)

クソみたいな素晴らしい日々を

最近のこといろいろ。

ブログ更新せずにもう2週間以上経ってしまった。

色々書きたいことはあったけど、仕事の事ばかりになってしまいそうなので、自粛。。

ネガティブな事や不平不満、そんなのが当たり前の毎日で、言い出したらキリがない。
しかし、今となっちゃ退職を前にもう今更いいやと割り切って日々を過ごしてる。

最近誕生日を迎えました。
怖い、怖すぎる。

実年齢と中身が伴ってない感。
30歳になった時も、35歳になった時も思ったけど。
一体いつになったら、かっこいい大人になれるのでしょうか?

誕生日当日は大きな花束が家に届きました。
夜勤中の彼からのサプライズ。
嬉しくてまた1人で泣いた(笑)



久しぶりに実家に行った。
桜坂の桜が咲き始めていて、思わず深呼吸。
もう桜の時期かー。



そんでもって明後日から1週間ほど海外旅行に行って来る。
久しぶりの海外、しかも中東。
12時間のフライトに耐えられるか心配。

見たことないような景色を焼き付けたい。

となりの人が優しすぎる。

バタバタと過ぎていく毎日。
部署を兼任している私は引き継ぐことが思った以上に多すぎて、かなり焦っている。

通常の業務も落ち着くことはなく、物流や船の手配、お客さんに電話してメールして、あっちの部署の業者さん、今度はこっちの部署の業者さん。
あっちの部署の席でこっちの席でって...そんな毎日。


うちの会社って、ジャンルの違う事業をいくつかやっていて、部署兼任っていっても内容が被るわけでは無く、関わる業者さんもそれぞれ違うし、私が携わる業務も全く違うんですよ。
例えるなら、パチンコ屋とケーキ屋さんくらい違う。(わかりにくっっ笑)


業界のカラーってあるじゃないですか。
だから私のキャラも変わる。

こっちの部署の業界の人にはガンガン言っても平気。女性の少ない業界だからとりあえず大きい声でちゃきちゃき対応してれば気に入られる。

でも、もう一つの部署の業界の人にはそれはNG。サラリーマン的にビジネスマナーしっかり言葉遣いも丁寧に、みたいな。


そういうのを続けていると、たまに自分がなにしてるのかわからなくなるんですよね。

テンパる、とかは無いんだけど、あーーえっと、次はなにやらなくちゃいけないんだっけ?
こっちも急ぎ、あっちも急ぎ、どうすっかな、おい。みたいな。


そんな私を毎日となりで見ている同僚男性は、いつもいつも心配そうに、『大丈夫ですか?』『何かできることあったら言ってください』『それは違う人に頼んであげましょうか?』と、色々声を掛けてくれる。

決まって私は、『大丈夫。ありがとうございます』と言うけれど、それだけで何気に癒されている。

たまにとなりで大きな溜息をつく私に、『今日も大変でしたね。大丈夫ですか?いつも心配してます。なにか手伝う?』と言ってくれる。


先日、その同僚男性に『私、退職するんですよ』と言ったら、なんとも言えない泣き出しそうな顔で『え、、えっ、そうなんですか。これからも仲良くしたかったのに』と片言気味の日本語で言った。


この会社で働いてなかったら、こんなにたくさんの外国人と関わることもなかった。
ある意味、日本人よりも日本人らしくて、優しくて気遣いのできる人だな〜と思っている。


この彼だけじゃなく、いい同僚や後輩がいる。


だからやっぱりみんなのことは好きだ。

環境が変わると人も少し変われる。

ここ数日雨続きますね〜

なんだか体だるいし、胃も痛い。
風邪ひいたかもーと仕事中に彼にLINEしたら、雑炊、、ってか、おじやが作ってあった。

雑炊の作り置きって、夕方から夜までの数時間で謎の食べ物になっていたよ(笑)

味がしないかも〜(にっこり)ってメモがあったけど、ほんとにまったく味がしなくて、食べながら泣き笑い。

天然だな〜

最近、というか今年に入ってから、大人になってからの人生で1番、規則正しい生活をしてる気がする。

早寝早起き。
23時台には寝るようにしているし、6時前には起床している。
朝からヨガやストレッチをし、余裕を持って出勤。
残業して帰宅しても一応毎日自炊。



素晴らしい。
まさに自画自賛


ちょっと前までの私と言えば、夜更かし気味で朝もぼーーとしながら出勤し、毎日外食。
食費はかさむが、節約する気なし。
飲んで帰ればお風呂も入らずそのままバタン。。


それと比べるとどうだろうか。
結構な進歩だと思う。

まー夜は彼がいないから、今もこうしてゴロゴロしながらブログを書いているのだけど。

料理が苦手な故、レパートリーが少なく、自分で作っても大して美味しくないって思うのは変わらないけど、いつか料理も上達するかなぁ。

だと、いいのだけど。

報われない気持ちが続いてく毎日で。それでもみんなが結構好きだった。

本格的に退職を考え始めてから、1年以上が経っていた。

ブログにも書いたけど、一大決心して退職願いを出してみたけれど、認めてくれなくて結構揉めた。
ありがちな引き留めのセリフを散々言われたし、給料上げるとか、部署異動させてあげるとか、それはもうありがちのオンパレード。


心が折れる事が何度もあって、でも雇われてるってこういうもんだよなとか、組織ってこういうもんだよなって、その度に何度も何度も思って飲み込んできたけれど、今年に入ってからはなんかもういいかな。って。

それでもここまで続けてこれたのって、数少なくなってしまった同僚たちがいたからかもしれない。
職場の人間関係って1番大事よね。

そういう意味では周りの人達には本当に恵まれたと思うし、なんだかんだみんな大好き。
嫌いな人とかいなかった。


今は、これから自分がどんな風に働きたいのか?
一回ここで少し立ち止まって考えようと思っている。

幸い有給はだいぶ残っているし、1カ月くらいは仕事探ししながら、自分の好きな事をやろうと思っている。

後回しにしていた色々な事。
旅行も予定しているし、有給消化しつつGW明けくらいから始動しようかなー。


...なんて思っていたら、今日転職エージェントから仕事の紹介が。

むむー条件は悪くは無さそうだけど、どうしようかなぁ。

ポチ袋のひみつ

一緒に住んでると見なくていいものまで見てしまう。
見るつもりがなくても見えてしまう。

私は結構オープンで、例えば貴重品とか通帳とか、あーあと給与明細とか?見られてもわりと平気。
もちろん信頼関係があっての事だけど、見られたら困るものは多分ないと思う。

彼も同じみたいで、こんなものテーブルの上に出しっぱなしでいいの!?って時がある。
まぁ、信用してくれてるんだなって思うけど。

先日、彼が確定申告の為の書類を持ち帰ってて、明け透けにテーブルの上に置きっぱなしだった。

ついでにパスポートとか謄本とかもバサッと置いてあって、『あぁ、やだなー謄本とか。離婚歴あるし(お互い様だけど)見たくないないわー』とか思いながら、散らかった書類たちをクリアボックスにしまった。
なるべく薄目で(笑)

クリアボックスは貴重品を入れようと買ったよくある引き出しタイプの小さなやつ。

引き出しを開けたら、ポチ袋があった。
彼に立替えてもらったお金を渡した時に入れたポチ袋だ。
私の字で『新幹線代』と書いてある。

なんだよーこんなとこにしまい込んで!
忘れてるのー?
タンス貯金かよー
と思いながら中身を見た。

ん?お金じゃない?
よれた紙切れが入ってる。
恐る恐る見てみると...私が書いたメモ書き達だった。

それは1人暮らしをしていた時に、彼に宛てて書いたメッセージ。
けっして愛の言葉を書いたわけでない。
『お風呂のボタン押してね』やら、『ごはんチンしてね』とか。
そしてお得意な変な絵まで書いてある(笑)

こんなものわざわざ持ち帰っていたとは。
こんなものわざわざ取っておいてたとは。


なんかほっこりした。
見なかった事にしてまたポチ袋にしまった。

もっとちゃんと彼を大事にしようと、あらためて思った夜だった❤︎

泣きたくなるほど嬉しい日々に

どちらかが言い出しわけでもないけれど、余っていた使い道のないノートに一言を書くようになった。
本当にとりとめのない事。

『冷蔵庫に〇〇あるよ』とか
『今日宅急便くるからよろしく』とか。

特に先週はすれ違い過ぎて、あまり会えなかったのよね。

私が仕事を終えて帰宅してテーブルにあるノートに目をやると、
『今日も一日おつかれさま。ご飯美味しかった、ありがとうね』と書いてあった。

なんか、なぜかグッときてしまって...コートも脱がずにボロボロ泣いた。


こんなことで泣けるかー
相変わらず仕事で色々あるし、疲れてるんだなーと思ったけど、ただただあったかい言葉が嬉しかった。


聞くとどうやら向こうも同じようで、朝帰宅してなにかメッセージがあると嬉しいらしい。

...とは言っても、毎日連絡事項があるわけでもないし、ネタもないので最近はふざけた事を書いてみたり、絵を描いて気持ちを表現したりする。(しかし、私は浜ちゃん並みに絵心が無い)
だからなのか、朝、彼が帰宅してそのノートを見ながらクスクス笑ってる。
そのクスクス笑ってる背中をベッドの中でまだ寝てるフリをして見るのが最近好き❤︎

フッ、笑わせてやったぜ。みたいな(笑)
いい大人がなにやってるんだって思うけど。



ノートにしても他の些細な事にしても、同じリズムで生活してたら気がつかないことかもしれない。

お互いがいない時に、少しだけ相手を思ってなにかをしてる感じっていうのかな。
帰宅して、あ、今日洗濯やってくれたんだ!とか、〇〇買っておいてくれたんだとか。
ふとした気付きがある。

そこに居た形跡っていうのかなー
1人なんだけど、1人ではないというか。

実際1人暮らしみたいなんだけど、確かにここに居ましたよーみたいな。
うまく言えないけれど。


一緒に住んでからなおさら感じるんだけど、彼は相変わらずの激務。
住む前は週一回夜勤明けに会っていたんだけど、今
生活を共にして間近で見ていると、週一回私に会いに来る事ももしかして結構辛かったんじゃないかなと思う。

遠距離恋愛経験がある人とかにも通ずるとおもうんだけど、会える時間が少なかった時期があるから、今がよりいっそう大切だと思えるというか。

すれ違ってても、それでも前よりは全然マシ。
「朝15分しか会えなかったー!」って日でもまた明日の朝になったら顔見えるからいっか。と思える。

この先喧嘩したり、ぶつかる事があっても、一緒に住む前の事を思い出そう。



初心忘れるべからず。

公園とお花屋さん

そう言えば思い出した。

大きな公園の近くに住んで、天気の良い休日の朝、散歩とかしたい〜とか、昔思っていた。
って、実際は朝に散歩なんてしないと思うけど(笑)

私の中のイメージ映像では駒沢公園だったのだけど。
いや、代々木公園?

先日、初めて近所を歩いてみた。
引っ越してきたものの、本当の最寄駅は使っていないから近所に何があるかほとんど知らない。
ターミナル駅でなんでも揃うし、家のまわりは半径100メートルくらいしか歩いてなかった。


よくよくその公園あたりを回って見ると野球場もあるし、結構立派な公園なんだ〜と知った。

そう言えば、入居する前に彼が『桜の木がいっぱいあったよ』と言っていたのを思い出した。
桜が咲いたら一緒に歩きに来よ。




それから、ずっとお花屋さんを探していた。
アトレとかに入ってるお花屋さんは可愛いしオシャレだけど、毎週は買えないからどうしようかなーと思っていた。

そしたら、家から200メートルくらいのとこに見つけた。
オシャレとは程遠い町の花屋さん。
切り花の花束が350円で売っていた。
お、良いじゃん!と思ってお会計したらなぜか200円だった。
「ん?200円ですか?」
「はい、200円でいいですー」とおばちゃん。
なぜだろう??
ま、いっか、助かります❤︎


来週また買いに来よ。